宇治上神社

応神天皇の宇治離宮があったと伝えられている地に立つ古社で、
世界文化遺産にも登録されている。

応神天皇、菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)仁徳天皇の三柱
を祭っていて、本殿(国宝)も三つにわかれている。
本殿は神社建築としては日本最古である。
各殿の前面のあらい格子戸と、その上の欄間の構成が美しい。
また注目すべきは左右両殿の蛙股である。
宇治上神社本殿の蛙股は神社建築にとりいれられた、
初の例として重要である。
更に右殿のそれは、輪郭だけのくりぬき式で珍しく、
平等院鳳凰堂のものに似ている。


蛙股

社寺建築で荷重を支えるための部材。
下方が開いて蛙の股のような形をしているからという。
後には装飾用。
厚い板でできた板蛙股と、内部をくりぬいた本蛙股とがある。
宇治上神社本殿のものは後者。

国宝

宇治上神社本殿 平安時代 流造
宇治上神社拝殿 鎌倉時代

流造

神社本殿の形式の一つ。
切妻造平入りの屋根に反りをつけ、
その前流れえお長くして向拝としたもの。
全国に広く分布している。